FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本矯正歯科学会パート2 

大会前日の大会長招宴・後藤理事長、山田大会長、森山常務理事、槇理事と
010.jpg
商社展示が始まる前の開会式と全体ミーティング。取りあえず器材協議会の会長として一言
021.jpg
小川会のメンバーが展示ブースに遊びに?来る。
117.jpg
海上移動中に昭和大学OGの吉田君と遠井君。平川大先生の考案器具の作成を頼まれる。売れるかな~
095.jpg
この大会で日本矯正歯科学会より特別功労賞を授与される。長い矯正歯科の歴史の中で2人目。歯科医師以外では初めて。ご推挙頂いた学会理事の先生方をはじめ、支えてくれた先生方、企業関係者に感謝申し上げます。
099.jpg
106.jpg
昭和大のOGも祝福してくれました。
116.jpg
すべての学会行事が終わり学会役員、大会役員の先生方と。
本当にお疲れ様でした。最終登録人数4000名超え!
120.jpg
スポンサーサイト

日本矯正歯科学会パート1 

10月7日から9日の3日間、第72回日本矯正歯科学会が松本で行われた。
今大会は、例年の商社展示会場の運営以外にコンベンション変更、地方都市開催、自分のシンポジウム等、やる事が盛り沢山ですごく大変だった。
DSC00381.jpg
シンポジュウムの題は「歯科界における矯正歯科の役割」。厚労省の小椋課長補佐、福岡歯科大の石川教授、日本臨床矯正歯科医会の野村専務理事と私
PA080616.jpg
私の副題は、(業界から見た矯正歯科界の光と影)よくこの題を学会で許してくれた。執行部、大会運営委員会の広い心に感謝。それなりにハッキリ是是非非で話したが概ね好評だったみたい。
DSC00414.jpg
懇親会で現在、内閣官房参与、小泉内閣の首相秘書官だった飯島勲氏と雑談。飯島氏とは知人の結婚式でお会いして2度目。さすがの貫録。
DSC00421.jpg
特別講演演者のPeck教授と。教授から私の発表内容についてお褒めを頂く。封建的な企業人が営利目的の内容以外を話す事に驚いたとの事。
DSC00430.jpg
台湾矯正歯科学会の会長、役員と。役員の陳君は昔からの友人。彼も偉くなった。
DSC00434.jpg

この半年その1 

半年ぶりのご無沙汰です。
フェイスブックの更新ばかりで、ブログの更新してませんでした。
まず、2月のコーナー
日本臨床矯正歯科医会40周年記念大会。座長をしたり、感謝状貰ったり、コンテストのプレゼンターをしたりと
20130207_114138-1.jpg
DSC00046.jpg
DSC00072.jpg
DSC00120.jpg
三月初旬には第一回目の頸椎椎間板ヘルニア。この時キチンと治さなかったのが・・・。
隣にいるのは昭和大学の歯科医師 筒井佐和子。
大学の医局に行ったらコルセット巻いていた。
勿論、原因は違う!
href="http://blog-imgs-62.fc2.com/m/i/t/mitsuba/20130308_131855.jpg" target="_blank">20130308_131855.jpg

第20回MFT講習会 

DSCN7754.jpg
ジックフーズ夫妻による第20回のMFT講習会が行われる。隔年ごとに行われているので、もう30年以上。第1回は先代の私の父が、今は、なくなってしまったホテルニュージャパンで開催。私は第3回より携わる。
講師のジックフーズ夫妻が元気でなにより!
DSCN7750.jpg
日本全国より歯科医師、衛生士、言語療法士の方が受講される。
DSCN7756.jpg
関係者一同で記念撮影。講師のジックフーズ先生夫妻、コーディネートの大野先生、山口先生、アドバイザーの今村先生、高橋先生夫妻、橋本さんを初めとするインストラクターの皆様ご協力ありがとうございました!感謝!

第71回日本矯正歯科学会 盛岡大会 

今年の日本矯正歯科学会は盛岡。しかも、大会会場が4箇所に分散。メイン会場から日本歯科器材協議会のスポンサードでシャトルバスを商社展示会場まで運行。最初は来場数を心配したがラインの3500名はクリアー!
歯科の単科専門学会では多いと思う。
DSCN7677.jpg
当社のブース前で小川会昭和大学支部会員と
DSCN7659.jpg
懇親会は山海の幸で料理山盛り。矯正歯科界の大重鎮・三浦不二夫先生、日本歯科医学会会長の江藤先生、矯正歯科学会の飯田、寺島両理事と。
DSCN7672.jpg
大変僭越ながら乾杯の音頭をとらしていただく。
ちなみに懇親会のあとモリムラの豪社長にトッズの靴をなくされる。!返せ!!
DSCN7667.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。